トップ > よくあるご質問 > 試験全般・試験対策に関するよくあるご質問

試験全般・試験対策

回答一覧

VBAエキスパートはどのような資格試験ですか?
VBAエキスパートは、Excel、Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する資格です。
試験は、「Excel VBA ベーシック」「Excel VBA スタンダード」「Access VBA ベーシック」「Access VBA スタンダード」の4科目で構成されます。ベーシックレベルはビジネスで一般的に利用されるレベルのスキルを評価します。スタンダードレベルはITプロフェッショナルなどに求められる、より高いレベルのスキルを評価します。
出題形式は、選択肢から正しい解答を選ぶ選択式問題と、プログラムコードや関数をキーボードで入力する穴埋め式問題があります。ベーシックレベルには選択式問題だけが出題されます。スタンダードレベルには選択式問題と穴埋め式問題が出題されます。

サンプル問題

試験は、いつ・どこで受験できますか?
弊社が会場として認定したパソコンスクールや専門学校で実施しています。試験日程は、試験会場ごとに異なります。お申込み方法は、試験会場に直接お問い合せください。

受験するには

VBAエキスパートの割引価格は、MOUS(MOSの旧名称)の名称で合格した場合も適用されますか?
MOSの旧名称であるMOUSに合格した方も割引価格が適用されます。割引価格の詳細は「VBAエキスパート割引受験制度」をご覧ください。

VBAエキスパート割引受験制度

スタンダードレベルを受験するためには、ベーシックレベルに合格している必要がありますか?
スタンダードレベルは、ベーシックレベルに合格していなくても受験できます。

「写真付きの身分証明書」を持っていません。
写真付きの身分証明書をお持ちでない場合は、以下の書類より2点持参してください。なお、コピーしたものや有効期限が過ぎているものはご利用いただけません。すべて本人氏名の記載のあるものに限ります。

  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 国民年金、厚生年金保険または船員保険等の年金証書
  • 国民年金手帳、年金手帳
  • 本人名義のクレジットカード(本人の署名があるもの)、本人名義のキャッシュカードまたは預貯金通帳
  • 学生証、会社の身分証明書または公共機関が発行した資格証明書
  • 住民基本台帳カード、マイナンバー通知カード
  • 住民票(3か月以内に発行されたもの)
  • 運転経歴証明書
  • 共済組合員証
  • 共済年金または恩給等の証書
申込みした後に都合が悪くなりました。試験日の変更または、キャンセルはできますか?
お申込み後に試験日・科目・レベルを変更したり、キャンセル(ご返金)することはできません。あらかじめご了承ください。
試験の結果はいつわかりますか?
試験が終了すると、パソコンの画面に得点と合否が表示されます。また、得点、合否、分野ごとの得点率(セクション分析)が印字された「試験結果レポート」を試験当日にお渡しします。
「合格認定証」は、試験後4~6週間で発送します。試験結果は、「デジタル認定証」でも確認することができます。

デジタル認定証

同じ試験科目を何度も受験することはできますか?
同じ試験科目を何度も受験することができます。ただし、同じ試験科目を3回以上受験する場合、『再受験に関するルール』により、前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験することができません。

受験するには

資格の有効期限はありますか?
取得された資格に有効期限はありません。

試験対策教材や過去問題集はありますか?
過去問題は公開しておりませんが、試験対策に適した試験対策教材が市販されています。対策教材は、公式サイトでご紹介しています。

学習するには

対策テキスト付属の模擬問題を起動するとエラーが発生します。

模擬問題は、Windowsのバージョンや32bit版と64bit版の違いにより3種類ご用意しております。お使いのWindowsに対応していない模擬問題をインストールすると、「TraialExamCommnn.DAO.TrialExamDAOのタイプ初期化子が例外をスローしました。」というエラーが発生します。エラーが発生した場合は、模擬問題をアンインストールしてコンピュータを再起動したのちに、お使いのWindowsに対応した模擬問題をダウンロードしなおしてインストールしてください。