トップ > VBAエキスパートとは > 試験概要 > Excel VBA ペーシック

Excel VBA ベーシック

現在選択中の試験科目は、Excel VBA ベーシック です。
試験科目を選択し直すには、下記よりお戻りください。

試験科目の一覧にもどる

Excel VBA ベーシック : 試験概要

Excel VBA ベーシックは、Office製品のバージョン2000から2013までを対象としたExcelのVBAスキルを測定します。
この科目は、Excel VBAの基本文法を理解し、Visual Basic Editorを使った基礎的なマクロの読解・記述能力を診断します。
ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、セル・シートやブックの操作、条件分岐、ループなどが含まれます。

VBAエキスパート試験で使用される表記

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 択一問題、複数選択式問題
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。
受験料(一般) 12,960円(12,000+消費税8%)
受験料(割引受験制度適用) 11,664円(10,800+消費税8%)VBAエキスパート割引受験制度について

Excel VBA ベーシック : 出題範囲

Excel VBAベーシック試験の出題範囲は下記の通りです。
サンプル問題もご用意しておりますので、ご希望の方は下記よりお試しください。

サンプル問題を試してみる

大分類 小分類
1.マクロとVBAの概念
  1. マクロとは何か
  2. VBAとは何か
  3. VBAの特徴
  4. Visual Basic Editorの操作と画面
  5. ブックとマクロの関係
  6. セキュリティレベル
2.マクロ記録
  1. マクロ記録とは
  2. マクロ記録の限界
  3. マクロ記録の活用方法
  4. 記録のしかた
  5. 記録される場所
  6. 標準モジュール
  7. 個人用マクロブック
3.VBAの構文
  1. オブジェクト式
  2. ステートメント
  3. 関数
  4. 演算子
  5. モジュールとプロシージャ
4.変数と定数
  1. 変数の意味
  2. 変数の宣言
  3. 変数の代入と取得
  4. スコープ
  5. 定数の意味と使い方
5.セルの操作
  1. RangeとCells
  2. セルにデータを入力する
  3. セルのデータを取得する
  4. セルの書式設定
6.ステートメント
  1. If...End If
  2. For...Next
  3. With...End With
7.ブックの操作
  1. ブックを開く
  2. ブックを保存する
  3. ブックを閉じる
8.シートの操作
  1. シートを挿入する
  2. シートを削除する
  3. シートに関連する基本的な操作
9.デバッグの基礎
  1. デバッグとは
  2. 論理エラーと文法エラー
  3. イミディエイトウィンドウ
  4. ブレークポイント
  5. ステップ実行
10.マクロの実行
  1. Visual Basic Editorから実行する
  2. [マクロ]ダイアログボックス
  3. シート上にボタンを配置する
  4. メニュー/ツールバーに登録する
  5. クイックアクセスツールバーに登録する

Excel VBA Basic 出題範囲表[2002バージョン対応表付き](PDFファイル 133KB)

Excel VBA ベーシック : 受験資格

特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
ただし、試験当日に小学生以下の方については、保護者の同意が必要になります。
また、2回目以降の受験には以下のような「再受験に関するルール」があります。

【再受験に関するルール】

同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。(例:2回目の試験を11月1日に受けた場合、3回目に受験できるのは11月8日以降)

Excel VBA ベーシック : 試験のお申込みについて

試験は最寄りのVBAエキスパート試験会場で受験いただけます。
ご希望の日時で受験可能ですが、試験実施可能日やお申込み方法は各試験会場が独自に設定していますので、申込みを行う試験会場にご確認ください。

試験の申込みをする