トップ > VBAエキスパートとは > 試験概要 > Excel VBA スタンダード

Excel VBA スタンダード

2019年5月15日に試験をリニューアルしました。詳細はこちら。

現在選択中の試験科目は、Excel VBA スタンダード です。
試験科目を選択し直すには、下記よりお戻りください。

試験科目の一覧にもどる

Excel VBA スタンダード : 試験概要

プロパティ・メソッドなど、Excel VBAの基本文法を理解して、ベーシックレベルよりも高度なマクロを読解・記述する能力を診断します。スタンダードレベルで診断するスキルには、ベーシックレベルを深めた知識に加え、配列、検索とオートフィルター、並べ替え、テーブル操作、エラー対策などが含まれます。

VBAエキスパート試験で使用される表記

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
VBAエキスパート出題形式(PDFファイル729KB)
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。
受験料(一般) 14,580円(13,500+消費税8%)
受験料(割引受験制度適用) 13,176円(12,200+消費税8%)VBAエキスパート割引受験制度について

Excel VBA スタンダード : 出題範囲

Excel VBAスタンダード試験の出題範囲は以下の通りです。
なお、スタンダードレベルの出題範囲には、ベーシックの出題範囲についての理解度も含まれます。
サンプル問題もご用意しておりますので、ご希望の方は下記よりお試しください。

サンプル問題を試してみる

大分類 小分類
1.プロシージャ
  1. 複数のプロシージャを使ったマクロ
  2. Callステートメント
  3. 値を共有する
  4. Functionプロシージャ
2.変数の活用
  1. データの個数を数える、値を合計する
  2. 配列
  3. オブジェクト変数
3.ステートメント
  1. Select Caseステートメント
  2. Do...Loopステートメント
  3. For Each...Nextステートメント
  4. その他のステートメント
4.ファイルの操作
  1. ファイルの操作
  2. フォルダの操作
  3. 文字列操作によるパスの指定
5.ワークシート関数の利用
  1. WorksheetFunctionオブジェクト
6.検索とオートフィルター
  1. 検索の基本
  2. 見つからなかったときの判定
  3. 検索したセルを使う
  4. オートフィルターの基本
  5. 絞り込んだ結果のコピーとカウント
  6. 絞り込んだ結果の編集
7.データの並べ替え
  1. 簡単な条件の並べ替え
  2. 複雑な条件の並べ替え
  3. 特殊な並べ替え
  4. 文字列の並べ替え
  5. フリガナの操作
8.テーブルの操作
  1. テーブルとは何か
  2. テーブルの特定
  3. テーブル部位の特定
  4. テーブル操作の例
9.エラー対策
  1. On Error ステートメント
  2. エラーが起きないデータに整える
10.デバッグ
  1. Debug.Print
  2. イミディエイトウィンドウ
  3. ブレークポイントとステップ実行

Excel VBA スタンダード : 受験資格

特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
未成年の方は、保護者の同意を得たうえでお申込みください。
また、2回目以降の受験には以下のような「再受験に関するルール」があります。

【再受験に関するルール】

同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。(例:2回目の試験を11月1日に受けた場合、3回目に受験できるのは11月8日以降)

Excel VBA スタンダード : 試験のお申込みについて

試験は最寄りのVBAエキスパート試験会場で受験いただけます。
ご希望の日時で受験可能ですが、試験実施可能日やお申込み方法は各試験会場が独自に設定していますので、申込みを行う試験会場にご確認ください。

試験の申込みをする