トップ > 資格を活かすには > やってみよう!Excel VBAで業務改善! > 次なるイノベーション編: 第21話「がんばれ森川くん!」2/4 :どう報告したもんか…

やってみよう!Excel VBAで業務改善! 次なるイノベーション編|第21話 「がんばれ森川くん!」

どう報告したもんか…

「(…さて、岩田さんにどう報告したもんか…)」 腕を組みながらオーグチさんが、会議室を後にします。
資料室へ続く長い廊下をトボトボ歩いていると、窓越しに社長の姿が目に入りました。

「(珍しいな、社長が立ち話をしているぞ…)」 廊下の突き当りの角で身を隠しながら、こっそり先をうかがいます。
総務部長の梶田さんと社長が、井戸端会議をしていました。

「…しかし困ったもんだと思ってるんですよ。
業務部の連中がコソコソやって…………。
勝手にシステムを作られても、こっちには一言の相談も無いですし…」
「(俺たちの話か…!)」 オーグチさんは壁にピタリと身を寄せて、聞き耳をたてました。

「…こういったことが続くと、会社としていかがなものでしょう。
このまま放置して………なことにならないかと…………」
「…しかし、電算室がカバーできない細かい業務の効率化は……………………。
やはり実際に作業をやっている人間でないと、わからない部分が…………」
オーグチさんは必死に耳をそばだてますが、どうも途切れ途切れにしか聞こえません。
梶田さんは、背を向けているので表情までわかりませんが、あきらかに不機嫌な様子です。

「まあ、会社のコンピュータを管理してるのは電算室ですし、
勝手にVBAで業務システムを作るなんて使い方を、こちらとしては許可した覚えなんてないわけですよ。
今後のことを考えると、いずれ………………なくちゃならんと思っております」
梶田さんが社長に一礼すると、スタスタと歩き去ります。
社長もゆっくりとこちらに向かって歩き出しました。

「(いけね…!)」 オーグチさんはきびすを返すと、今来た廊下を早足で戻り始めました。

「(ふざっけんな…!仕事を効率化するのに業務部も総務部もあるか……!!
俺たちは……、俺たちの会社のためにコレをやってんだぞ……!!)」
彼の握りしめたこぶしの中で、手のひらに爪が喰い込みます。

一覧にもどる